葬儀に関する豆知識

お葬式やお通夜に出れない場合はどうするのがマナー?

葬儀に出れない場合はどうする?

訃報は突然訪れます。お世話になった人や大事な仲だった人がなくなってお通夜、お葬式が開かれることになった。でもどうしても外せない用事や仕事があって参加できない。。

そういう時は誰にでもあり得ます。
大事なのはお通夜やお葬式に参加できない時はどうしたらいいのか、どうしたら失礼にならないのかを知っておくことです。

今回はお通夜、お葬式に参加できない場合はどうしたらいいのかを紹介していきます。

お通夜・お葬式に欠席する場合はまずは連絡を

お通夜、お葬式に参加できない場合は分かった段階で連絡をするのがマナーです。

欠席する場合の注意点をまとめます。

  • 欠席の返事はできるだけ早く
  • 電話で伝える場合は手短に
  • 欠席の理由を細かく伝える必要はない

上記に注意しましょう。

喪主の方は準備などがあり、とても忙しいです。
もし欠席の連絡を電話でする場合は手短にお悔やみの言葉と用件だけを伝えるのがよいです。

また、欠席の理由に関しては詳しく説明する必要はありません。「どうしても都合がつかない」「やむを得ない事情があって」という言葉を使いましょう。

参加できない場合の弔意を伝えるには

お世話になったからちゃんと弔意を伝えたい。でもどうしても参加できない。そんな場合はどうすればよいのかを紹介していきます。

  • 弔電をうつ
  • 香典を贈る
  • 供物・供花を贈る
  • お悔やみ状を贈る
  • 代理人をたてる
  • 後日弔問に伺う

弔意を伝える方法としてこれらがあります。

どれかひとつというわけではなく、組み合わせて弔意を伝えましょう。

弔電をうつ

弔電とは、故人の冥福を祈る気持ちを伝える電報のことです。

郵便局のレタックス、電話の115番、インターネットの電報サービスなどをつかって利用することができます。

参加できないと分かった場合、すぐに弔電のサービスを利用するのがよいでしょう。今はスマホで弔電のサービスも利用できます。

香典を贈る

香典には、葬儀代などの特別な出費がある遺族に対して援助するという意味合いも込められています。お通夜やお葬式には出席はできないけど、香典を贈ることも可能です。

香典を送る場合は現金書留を利用することか、参列する方に預ける、後述する代理人を利用するという方法があります。

香典の金額は故人との関係によって変わります。

  • 親族の場合、1万円~10万円
  • 知人・友人の場合、3千円~1万円

供物・供花を贈る

供物や供花を送るといったこともできます。基本的には香典を贈る場合は供物・供花を贈る必要はありません。どちらかで大丈夫です。

供物は宗教によってどんなものを贈ればいいか変わってきます。仏教の場合は、線香、ろうそくや果物、お菓子、缶詰、故人が好きだったものを贈ります。

供花を贈る場合も宗教によって変わってきます。

また、喪主の方は準備などで忙しく、供花の種類の指定などもあるので、贈る場合は葬儀会場や葬儀社に直接連絡をして贈るのがよいです。

↓供花に関する記事はこちらにまとめています。

供花や供物ってどうすればいい?
葬儀の供花って?出し方や相場、マナーをしっかり解説供花の送り方や意味、お返しの方法などについて詳しく紹介していきます。...

お悔やみ状を送る

香典や供物・供花を贈る場合はお悔やみ状も一緒に送るのが一般的です。

お悔やみ状には頭語や時候の挨拶を書かずに、遺族を気遣う言葉を含ませるようにしましょう。

お悔やみ状の例文

ご訃報に接しまして
謹んでお悔やみ申し上げます。
心ばかりではございますが、〇〇をお送りいたします。
御仏前にお供えいただければ幸いに存じます。

代理人を立てる

一番いいのは代理人を立ててお通夜・お葬式に参列するということです。

代理人は故人と直接面識がなくてもかまいません。

香典には依頼した当人の名前を書きます。
また、記帳には当人の名前を記入にして、その下に代理と記すのがマナーです。

後日弔問に伺う

お通夜・お葬式に参加できなくて、直接お悔やみの言葉を伝えたい場合は後日弔問に伺いましょう。

訪問に伺う場合は事前に先方の都合を必ず確認するようにしてください。

葬儀後は遺族にとっても忙しい時間ですのでそのことを理解することが必要です。