葬儀に関する豆知識

【必見】葬儀費用は実は申請すれば補助金が出るって知ってた?

葬儀費用には補助金が出るって知ってた?

葬儀費用は額が大きくて支払いに困る場合も多いです。

香典などで返ってくる場合もありますが、葬儀社への支払いに困った。。そんな意見もよく聞きます。

実は、一定の条件を満たすことで国や行政から葬儀に対する補助金として給付金を受け取ることができるのを知っていますか?

葬儀に関する給付金制度

葬儀をする場合、給付金制度というものがあります。ある一定の条件を満たす場合、申請すれば一定額の給付金があります。

しかし、申請をしなければ受け取ることができないので、実際にはこの制度を知らない人も多く受け取っていない人も多いです。しっかりと確認しておきましょう。

給付金の種類

受け取ることができる給付金には3種類あり、どれに該当するかによって金額が変わります。

  • 葬祭費給付金:故人が国民健康保険(高齢者医療保険)に加入していた場合
  • 埋葬料給付金:故人が健康保険に加入していた場合の被保険者、被扶養者
  • 埋葬費給付金:埋葬料を申請できる人がいない場合の実際の葬祭施行者

それぞれについて解説していきます。

葬祭費給付金

故人が国民健康保険か高齢者医療保険に加入していた場合は葬祭費給付金を申請することができます。

申請場所 各市区町村役所の国民健康保険課
申請期間 2年以内
給付金額
  • 5万円~7万円(国民健康保険加入の場合)
  • 3万円~7万円(後期高齢者保険加入の場合)

故人が亡くなった日から2年以内に申請することで葬祭費給付金を受けることができます。

国民健康保険の保険証の返却の手続きをするときに一緒にするのが一般的です。

申請するときに必要なものは

  • 葬祭費支給申請書
  • 故人の健康保険証
  • 葬儀の領収書
  • 振込先の口座番号
  • 印鑑

基本的にはこれらが必要です。申請する場所によって多少変わってくる可能性もあるので事前に確認しておくのがよいでしょう。

※葬儀費用に関する補助金になるので、葬儀が行われなかった場合は給付されません。

埋葬料給付金

故人が国民健康保険以外の健康保険に加入していた場合の被保険者、被扶養者が申請することができるのが埋葬料です。

申請場所 全国健康保険協会
申請期間 2年以内
給付金額 上限5万円までの実費精算

埋葬料の申請書などは全国健康保険協会のHPからダウンロードすることができます。

>>埋葬料の申請書ダウンロードはこちら

埋葬料を申請する場合に必要な書類

  • 住民票(亡くなった被保険者と申請者が記載されているもの)
  • 埋葬に要した領収書
  • 埋葬に要した費用の明細書
  • 印鑑

これらが必要になります。

埋葬費給付金

埋葬料を申請できる人がいない場合に、実際に葬儀を施行した人が申請できる給付金です。

基本的に上記の埋葬料給付金と内容は同じになります。

葬儀の補助金に関するまとめ

葬儀の補助金に関する情報をまとめています。

  • もらえる金額は3万円~7万円以内
  • 申請するには個人が健康保険(国民健康保険)に入っている必要がある
  • 申請しないともらうことができない
  • 申請は故人の死亡日から2年以内

大きな額ではありませんが、申請すれば補助金が受けれるのは大きいですよね。

生活保護を受けている場合以外の葬儀の場合は一番費用がかからない直葬を選んだとしても10万円ほどは必要になってきます。

しかし、補助金の申請をすることで経済的負担を減らせることができることを知っておいてください。