葬儀に関する豆知識

葬儀の供花って?出し方や相場、マナーをしっかり解説

供花や供物ってどうすればいい?

供花とは

供花(きょうか)とは、不幸があり葬儀や告別式が行われる際に故人に備える花のことを指します。故人の霊や遺族の心を慰めるという意味だけでなく、お葬式場を飾るという意味もあります。

供花は親族や故人と親しい親交があった友人などが贈りますが、どういった関係になったら送るのかという決まりはなく、気持ち次第で誰でも送ることができます。

住んでいるところが遠くてお葬式に参列できない場合などに気持ちに変えて供花を送るといった場合もあります。

供花は1基、2基という数え方をします。以前は、供花は2基セット(一対)で送るものといった感じでしたが、今は1基で送る方も増えてきています。

供花の出し方

  1. 遺族への確認
  2. 葬儀社への供花の依頼

供花を出す場合、最初にすることは遺族への了承を得ることです。

故人のことを思って豪華な供花を送っても宗旨・宗派などによっては断られてしまう場合や、葬儀場によっては設置場所に困ってしまう場合があります。

また、葬儀の形によっては遺族が供花の申し出をお断りする可能性もあります。故人の遺志を尊重するものですので、まずは遺族への確認をしましょう。

次に、葬儀社へ供花を依頼します。

供花は自身で送るといったものではなく、葬儀社に用意してもらい、御花代(おはなだい)をお葬式の際に持っていくのが一般的です。

自身でお送りしてもよいですが、統一感を出すために、花の種類など指定されることもあるので、葬儀社に確認するようにしてください。

供花の相場はタイプによって変わる

供花には祭壇の周りに飾られるかごタイプとスタンドタイプがあります。

それぞれの相場をあげると、

  • かごタイプ:5,000円~15,000円
  • スタンドタイプ:10,000円~30,000円

上記が供花の相場です。

花の種類などによっても変わってきます。また、スタンドタイプで2基(一対)で注文する場合は単純に倍になります。

相場を大きく上回る供花をお送りするのは遺族に気を使わせることにもなりますので、適切な価格の供花を選ぶのがよいでしょう。

供花をいただいた場合

供花は仕事の付き合いがある方や、親しい仲の人、葬儀に参列できない人など、たくさんの方から届く可能性があります。

無理にお返しをしなければいけないということはないですが、御礼状を送り、お返しをするのが一般的です。

お礼状を出す

供花をいただいた場合、葬儀などが落ち着いてからお礼状を出すのが一般的です。しかし、どのようにお礼状を書けばよいかわからないですよね。

お礼状にはいくつかのポイントがあるので守って書いていきましょう。

  • 句読点などを使わない
  • 拝啓などの頭語と結語を使う
  • 無事に葬儀が終わった報告を書く
  • 相手の健康を願う言葉を書く
  • しっかりとお礼を書く

お礼状の例文

拝啓
このたびは父 〇〇の葬儀の折には立派なお供えを受け賜りまして誠にありがとうございました
謹んでお受けいたし霊前に飾らせていただきました
〇〇の最後を飾ってくださいましたご芳情に心よりお礼申し上げます

お蔭様をもちまして葬儀も滞りなく終えさせていただきました
格別なご高配につきまして重ねて厚く御礼申し上げます
末筆ながら幾久しいご健康とご多幸をお祈り申し上げます

敬白

平成〇年〇月〇日

喪主 〇〇 〇〇

供花のお返しは3分の1から半額までのもの

供花をいただいた場合、お礼状に添えてお返しを送るのが一般的です。

お返しは3分の1から半額位が目安です。

贈る品は石鹸やお茶、お菓子などで使ったり食べたりすると消えてなくなるもなどを贈る場合が多くなっており、その他にタオルやハンカチ等の品物もよく贈られているのです。

何をお返しに送ればいいかわからない場合、カタログギフトを送る方も多くなっています。相手が自由に選ぶことができるのでオススメです。