葬儀の種類

生前葬とは?生きてる間にお葬式をする意味ってあるの?

生前葬は自分の理想のお別れ会

有名人などが生前葬をするたびに話題になるお葬式の形ですが、生きている間にお葬式をすることにどんな意味があるのか疑問に思っている方も多いはず。

ここでは生前葬のメリットやデメリット、生前葬をしたらその後のお葬式は必要なのかどうかなどといったよくある質問などを解説していきます。

生前葬とは?

生前葬とは生きていて元気な間に自分のお葬式をするというものです。

親族や友人、知人を招いて日ごろの感謝の気持ちを直接自分で伝えることができるので有名人などがされることが多いです。

お葬式といっても不幸なことではないので、立食パーティーやカラオケなどの余興を盛り込んでホテルを借りて楽しい式にする場合が多いです。

生前葬のメリットとデメリット

生前葬にもメリットやデメリットがあります。もしご自身が生前葬をしてみたいと考えている、親が生前葬を希望している場合などはしっかりとメリットとデメリットを理解したうえでするようにしましょう。

メリット

  • 自分の口で感謝の気持ちを伝えることができる
  • 自分らしい思い通りの葬儀を行うことができる
  • 元気なうちに友人、知人に会うことができる

生前葬の最大のメリットが、自分の気持ちを自分の口で伝えることができることです。

日ごろ思っていてもなかなか口にできない思いや、日ごろの感謝を伝えるには最適です。

また、歳をとってから葬儀をすると友人も歳をとっているわけで年々参加できる人数は減ってしまいます。元気な間に生前葬をすることで多くの方とちゃんとお別れができるのはメリットですね。

デメリット

  • 親族や周囲の理解を得る必要がある
  • 生前葬をしても、亡くなった後に火葬は必要

生前葬のデメリットとして、まだまだ浸透していないといったことがあります。

「生きている間に葬式をする意味がわからない」といった方がいるのも事実です。親族や周囲の理解を得るのは簡単ではないかもしれません。

また、生前葬をしたから葬儀はいらないというわけにもいきません。生前葬をしたとしても亡くなった後に火葬は必要となってきます。

火葬だけをする直葬といった葬儀がありますが、それをすることで2重葬になるということを知っておく必要があります。

生前葬の費用の相場は人それぞれ

生前葬の費用の相場を知りたいと思って当ページに来られたかもしれません。

ですが、生前葬はどのような式にするかの決まりがありません。たくさんの人数を呼んで大きなお別れ会にするのか、少人数で宴会のような感じにするのか。

規模によって費用は大きく変わってきます。

参考までに、小規模な生前葬の場合は30万円程度になるとされています。

ただし、生前葬をしても亡くなった後に火葬は必要となります。一番安価な直葬のプランでも20万円程度は必要になるので、遺族の負担にならないように用意しておく必要があります。

どんな人にオススメな式なの?

生前葬をオススメできるのは以下に当てはまる方です。

  • 感謝の気持ちを自分で伝えたい人
  • 残される家族の負担を減らしたい人
  • 楽しく人生の節目を迎えたい人

これらに当てはまるのであれば、生前葬はオススメです。

しかし、周囲の理解を得ることが大変ということも覚えておきましょう。

よくある質問

生前葬によくある質問をまとめています。

Q.生前葬に香典は必要なのか?

生前葬の場合、基本は会費制でおこなわれることが多いです。案内状を確認して会費の案内がある場合には別途香典を用意する必要などはありません。

また、香典に会費等の案内がない場合は主催者に気軽に尋ねてみるのが確実です。生前葬の会費の相場は1万円~2万円といわれています。

案内状に「香典は遠慮します。」とあった場合はその意見を尊重しましょう。生前葬の主催者は参加してくれる方をおもてなししたいという方も多いです。その場合は後日お礼状とともにちょっとした品物をお送りするといったことがよいでしょう。

Q.生前葬にはどんな服装で行けばいい?

生前葬はお葬式に分類されますが、不幸ごとではないので服装はスーツやワンピースなどの平服で問題ありません。真っ黒にする必要はありませんが、ネイビーや暗めのブルー、グレーなどの派手ではない色を選びましょう。

案内状にドレスコードの指定がある場合はそちらに従ってください。

Q.生前葬をしたあとは葬儀をしなくてもよい?

生前葬をしても、その後亡くなったら最低限の葬儀は必要です。

家族葬で小規模なお葬式をする方もいれば、直葬で火葬だけをされる方もいらっしゃいます。

生前葬をした有名人

生前葬は数年に1度くらいの割合でニュースで取り上げられることがありますよね。

特に有名人の方が生前葬をされると一気に知名度も上がっていきます。

生前葬をした有名人といえば、

  • ビートたけしさん
  • サザンオールスターズの桑田佳祐さん
  • アントニオ猪木さん
  • 水の江滝子さん
  • 池田貴族さん
  • 仰木彬さん
  • 小椋佳さん
  • テリー伊藤さん

など、意外に多くの有名人の方が生前葬をされています。

生前葬に関するまとめ

生前葬に関する情報をまとめています。

  • 元気なうちに自分の言葉で感謝を伝えることができる
  • 小規模から大規模まで自分の好きなように式ができる
  • 知名度も低く、理解してもらえないことも多い
  • 生前葬をしても、その後の火葬は必要

まだまだ理解されにくい生前葬ですが、人によってはとても有意義な式を行えるのが魅力的ですね。